第4章 年少者労働使用

第44条 
使用者は満15歳未満の年少者を労働者として雇用してはならない。

第45条
@使用者が満18歳未満の年少者を労働者として雇用する場合には、使用者は次に定める事項を実施しなければならない。
(1)年少者が入職してから15日以内に労働監督官にその年少者を労働者として雇用した旨通知すること。
(2)当初のものから変更があった場合に雇用状況記録を調整し、業務時間中に労働監督官が検査できるよう事業所または使用者の事務所に備え付けておくこと。
(3)年少者が離職してから7日以内に労働監督官にその年少者の労働者としての雇用が終了した旨通知すること。
A1項の通知及び記録の調整については局長の定める様式によらなければならない。

第46条
使用者は労働者が就労を開始してから4時間を超えたとき年少労働者に対し1日の休憩時間を1時間以上連続して付与しなければならない。4時間以内の場合は使用者が定めたところにより休憩時間を付与する。

47  
@使用者は、局長または局長の委任するものにより書面で許可を受けた場合を除き、18歳未満の年少者を22時から6時までの時間帯の間就労させてはならない。
A使用者は、18歳未満の年少労働者で映画、劇その他同種のものに出演する者を上述の時間帯に使用することができる。この場合、使用者は当該労働者に適切な休息を与えなければならない。

第48条
使用者は、18歳未満の年少労働者に時間外労働または休日労働をさせてはならない。

第49条
使用者は、18歳未満の年少労働者を次の業務に使用してはならない。
(1)金属を溶解、押し出し、鋳造、圧延する業務
(2)金属を打ち抜く業務
(3)危険が生じる恐れのある通常と異なった水準の暑さ、寒さ、振動、騒音及び光に関係する業務で省令で定めるもの
(4)省令で定める危険化学物質に関する業務
(5)省令で定めるウィルス、バクテリア、真菌その他病気を引き起こす有害微生物に関する業務
(6)有害物質、爆発物、引火物に関する作業。ただし、省令で定めるガソリンスタンドを除く。
(7)フォークリフトまたはクレーンの運転操作の業務
(8)電動または動力のこぎりを使用する業務
(9)地下、水中、洞窟内、トンネル内または火口で行わなければならない業務
(
10)省令で定める放射線に関する業務
(11)作動中に機械、エンジンを清掃する業務
(
12)地上10メ−トル以上の足場の上で行う業務
(
13)省令で定めるその他の業務

第50条
使用者は、18歳未満の年少労働者を次に定める場所で使用してはならない。
(1)屠殺場
(2)賭博場
(3)ダンスホール
(4)食事、酒類、茶またはその他の飲料を販売し、接客するものを配置することによりまたは寝るための休息場所の設置若しくは客にマッサージするサービスを用意することによりサービスを行う場所
(5)省令で定めるその他の場所

51
@使用者は年少労働者の賃金を他のものに対し支払ってはならない。
A使用者は、年少労働者の側に、いかなる理由であれ保証金を要求しまたは受領してはならない。
B使用者、年少労働者、年少労働者の両親または保護者が、雇用の前に事前に、雇用の際または年少労働者に対する毎回の賃金支払い時期の前に、金銭その他の対価を支払い若しくは受領した場合においても、当該年少労働者に対する賃金の支払いまたは受領があったものとはみなさない。また、使用者は定められた時に年少労働者に対し支払うべき賃金から、上述の金銭その他の対価を控除しなくてはならない。

第52条
年少者の生活の質及び労働を開発向上させるため、18歳未満の年少労働者に局長が承認した教育機関又は公私の機関により行われる会議、セミナー、研修受講、訓練のための休暇又はその他の活動への休暇を与える。年少者労働者は使用者に事前に明確に休暇の理由を、もしあるのであれば証拠となるものを添えて通知しなければならない。使用者は1年に30日を越えない休暇についてはその期間中労働日の賃金と同額を年少労働者に支払わなければならない。