メイドさん情報

メイドさんはタイの日本人の間ではアヤさんと呼ばれておりほとんどの家庭で雇っています。メイドさんは住み込みと通いの2種類に分かれます。

住み込みタイプ
10年ほど前はこちらの形がほとんどでした。
住み込みで働いてくれるので、何かの急用の際や、小さいお子さんのいる家庭では重宝されますが、逆に家族団欒の際には他人がいるので落ちつかないということもあるようです。ちなみにアパートのメイド部屋ですが完全に独立したタイプと台所とメイド部屋とがつながって、自由に行き来できるタイプがあります。
通いのタイプ

最近はこのタイプが増えてきました。四六時中一緒にいるわけではないので、家族のプライバシーを守れるという点で人気があるようです。


メイドさんを雇うにあたり、最初に話し合っておくべき事は
仕事内容は?
掃除、洗濯、子供の世話、食料品の買い出しなど色々家事はありますが、タイの場合最初に取り決めておかないとこれは私の仕事ではないとなってしまうことも多いようです。
住み込みか通いか?
住み込みか通いか、通いの中でもフルタイムかパートタイムか週何日仕事をするかなど。
勤務時間、休日等は?

一般的には日曜日のみの週休1日制が多いです。一日の勤務時間は朝7時から夕方7時までが一般的です。それを超えた場合はオーバータイム(1時間20バーツから30バーツ)を払っている家庭が一般的です。タイの休日は年間相当ありますが、その中で宗教行事の祭日、タイの旧正月であるソンクラン(水かけ祭り)の間は連休をとり地方に帰省をする人が多いようです。

4給料、ボーナス
給料は経験、能力によっても違ってきますが、通いの場合で5,000バーツから6,000バーツ(交通費を除く)住み込みの場合で7,000バーツくらいからでしょうか?日本料理ができる、乳幼児を抱えている、仕事量が多いなどの場合は、500バーツから1,000バーツ位高くなります。
最後にメイドさんをめぐるトラブル

セキュリティーのところに書いたケースは希ですが、言葉の行き違い(コミュニケーションの不足)以外にも、中流階級意識が強いという日本の国民性から由来するトラブルも多いようです。タイは階級社会です。使用人と使用する者としての立場をはっきりさせておかなければなりません。友達関係のような立場で接することはお互いによい結果を生みません。よくある例ではメイドさんをかわいそうに思い色々な物(古着、食料品等)をあげていたところだんだん断りもせず冷蔵庫の中から物をとり始めたというものです。本人の意識では、一度物をくれたのだから次回ももらって良いはずだとなり、まったく悪気はないようです。 好意で行ったことが、後でトラブルの種にならないように 気をつけましょう。 

セキュリティーのページにも書きましたが、メイドをめぐるトラブルも多いようですので雇用に当たっては、前任者からの推薦状があるメイドを雇ったほうが確実です。なお日本人会では毎週月曜日にメイドさんの斡旋を行なっておりさまざまなアドバイスを受けることができます。 


JS Siam International Co.,Ltd

2F NEWLAND 25/2 SOI 33 Sukhumvit Rd. Bangkok Thailand
TEL 662-1849〜51/ 662-1629〜30/ FAX 662-0341

お問い合わせは
info@jssiam.com まで